ねぎっとさんの乗りバス日記

Twitter→@exptetsu_2000

弘南バス キャッスル号乗車記

今回は 青森県弘前と東北の大都市 仙台を結ぶ高速バス、キャッスル号の乗車記です。

 

このキャッスル号は一日6往復で約4時間20分で結んでいます。

弘南バス、宮城交通JRバス東北との共同運行会社となります。

運賃は片道5400円です。往復割引あり。

鉄道では弘前から仙台へは一度青森市内へ出る必要があり、高速バスなら乗り換えなく行くことができるため乗車率はかなり高いです。


f:id:exptetsux:20171014212650j:image

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧

乗車した日は今年の9月の平日。

前日に予約し、発券。

 今回は11時30分発の弘南バス担当便の仙台行を選択しました。

弘前バスターミナル名物たい焼きを購入し、バスを待つ。

すると…
f:id:exptetsux:20171014212742j:image

発車時刻10分前にやってきました。

昨年導入されたばかりの三菱ふそうエアロエースです。五所川原営業所所属の32802-3です。

よかった新車で。

改札を受け車内へ。

前日はガラガラだったのにほぼ満席の状態でした。
f:id:exptetsux:20171014212914j:image

座席はよくあるタイプの4列シートです。

ミニテーブル、コンセント付です。

座席はフカフカでいい感じ。

某ドリーム号の数倍マシ。

また、夜行バスであるパンダ号東京新宿線でも使用されるらしく、

後部に仮眠室とトイレがついています。

 

バスは定刻に弘前バスターミナルを発車。

丁寧な音声合成による案内の後津軽弁訛りの運転手さんの丁寧な放送が入りました。

 https://mqube.net/play/20170906957358

 ↑車内放送

弘南バスは運転手さんが全体的に好印象です。優しい人多くて。

 

さておき、大鰐弘前ICより東北自動車道へ。

ものすごいスピードで東北道を疾走。

 

あっという間に最初の休憩地である岩手山SAに到着。15分間の休憩。


f:id:exptetsux:20171014214320j:image

お昼時だったので大型車レーン混んでた。

 

定刻に岩手山SAを発車し、次の休憩地である前沢SAへ。

弘南バスらしい走りであっという間に前沢SA着。同じく15分間の休憩。

ここは空いてたので少し撮ってみました。


f:id:exptetsux:20171014214419j:image


f:id:exptetsux:20171014214753j:image

前沢SAを発車すると雨が降ってきた。

やばい、傘持ってない…

 

まあなんだかんだで仙台宮城ICから仙台市内へ。

広瀬通がかなり混んでてなかなかバスが進まない…。

しかし仙台駅前にはほぼ定刻で着きました。

さすが弘南。


f:id:exptetsux:20171014215138j:image

ちなみに仙台駅前と言っても仙台駅から徒歩で5分程離れた宮城交通高速バスセンターの降車ホールでの到着で屋根もないので焦った。

全然バスセンターじゃ(ここから先は笹かまぼこで見えない)

車内放送では仙台駅前宮城交通高速バス総合案内所行と言ってたのは正解だったわ。

 

とりあえずこのあとはすぐ新幹線で帰りましたとさ。

 

⚠この路線は発車オーライネットでも予約可能ですが座席指定と座席が発券するまでわからない仕様になってるので予約は電話予約をオススメします。